NEC LAVIE公式サイト NEC LAVIE公式サイト
go top
商品情報
商品の写真
ベースモデル: VKT42/M3-D
型 名 : VKT42/M3
品 名 : パソコン
発表日 :2022/10/06
仕様一覧
項目 項目注釈 仕様
CPU 
インテル(R) Core(TM) i5-1135G7 プロセッサー*1*2
クロック周波数*33
最大4.20GHz(シングルコア ターボ・ブースト時)
コア数/スレッド数 
4/8
キャッシュメモリ3次 
8MB
バスクロックメモリバス 
3,200MHz
チップセット 
(CPUに統合)
セキュリティチップ 
TPM(TCG v2.0)
メモリ(メインRAM)標準容量 
4GB(最小構成時)
スロット数 
[SO-DIMMスロット×1]
最大容量 
16GB※メモリの増設はできません
表示機能内蔵ディスプレイ 
14型ワイドTFTカラー液晶(フルHD:1,920×1,080ドット、LEDバックライト ノングレア)
LCDドット抜けの割合*23
0.00005%以下
ビデオRAM*5
最大2,062MB~8,206MB
グラフィックアクセラレータ 
インテル(R) UHD グラフィックス(CPUに内蔵、デュアルディスプレイ機能、スムージング機能をサポート)
サウンド機能音源/サラウンド機能 
内蔵ステレオスピーカ、ヤマハ製 AudioEngine(TM) 機能搭載*28、インテル(R) ハイデフィニション・オーディオ 準拠(最大192kHz/16ビット、または、96kHz/24ビット*48、ステレオPCM録音再生機能、ソフトウェアMIDI音源)
通信機能LAN 
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T、Remote Power On(Wake on LAN)機能対応
入力機器キーボード 
キーピッチ19.4mm、キーストローク1.4mm、85キー、JIS標準配列
マイク 
ステレオマイク内蔵
カメラ 
HD解像度(720P)対応カメラ/有効画素数92万画素
ポインティングデバイス 
高精度タッチパッド(マルチタッチ/ジェスチャー機能付きNXパッド)
スロットSDメモリーカード 
SD(SDHC/SDXC)メモリーカードスロット×1*22
インターフェイスUSB*4
Type-C:USB 3.2 Gen2(右側面×1*51)。Type-A:USB 3.2 Gen1(右側面×2(1ポートはパワーオフUSB充電機能付き))
ディスプレイ 
HDMIポート×1*10(最大表示画面数:2(内蔵ディスプレイを含む)*89
LAN 
RJ45 LANコネクタ×1
バッテリ駆動時間標準*29*62
駆動時間(JEITA 2.0*59準拠)約7~11.7時間(約9.3時間)※(リチウムイオンバッテリ(M)搭載時)、約9~15時間(約12時間)※(リチウムイオンバッテリ(L)搭載時)(※Windows 11 Proの測定値)
バッテリ充電時間(電源ON時/OFF時)標準*29*62
約2.2時間/約2.2時間※(リチウムイオンバッテリ(M)搭載時)、約2.5時間/約2.5時間※(リチウムイオンバッテリ(L)搭載時)
電源*50
リチウムイオンバッテリ(M)(49Wh*49)、リチウムイオンバッテリ(L)(57Wh*49)またはAC100~240V±10%、50/60Hz(ACアダプタ経由)。[電源コードは日本国内向け(AC100V用)を添付*49]
消費電力標準*29
約5W(※Windows 11 Proの測定値)
最大 
約65W(※Windows 11 Proの測定値)
エネルギー消費効率*3
12区分 16.2kWh/年(AA)(※Windows 11 Proの測定値)
電波障害対策 
VCCI ClassB
温湿度条件 
5~35℃、20~80%(ただし結露しないこと)
外形寸法本体(突起部除く)*6
327(W)×226(D)×19.2(H)mm
質量本体 
約1.44kg(リチウムイオンバッテリ(M)搭載時)*41、約1.45kg(リチウムイオンバッテリ(L)搭載時)*41
電波法認証番号 
003-180232
電気通信事業法認証番号 
D180131003
セレクションメニュー 
セレクションメニューの詳細はこちら
補足情報 
【表示機能 表示色(解像度) 内蔵ディスプレイ(フルHD LCD)】*11*13:最大1,677万色(1,920×1,080<フルHD>、1,680×1,050、1,440×900、1,280×1,024、1,280×800、1,280×768、1,024×768、800×600)、【表示機能 表示色(解像度) 別売の外付けディスプレイ接続時(HDMI接続時)】*10*12:最大1,677万色(3,840×2,160、1,920×1,080<フルHD>、1,280×1,024、1,280×720、1,024×768、800×600)、対応映像方式:3840×2160p(30/24Hz)/1080p/1080i/720p、【インターフェイス サウンド関連】:入出力共用:ヘッドフォン/ヘッドフォンマイク ジャック×1*47、【パワーマネジメント】:自動または任意設定可能(CPU制御、SSD制御、HDD制御、モニタ節電機能、スリープ状態、休止状態)(※Windows 11の場合)、【パワーマネジメント ECOモード】:「PC設定ツール」*39をプリインストール、【パワーマネジメント 輝度センサ】:周囲の明るさを感知し、画面の明るさを自動調節する輝度センサを搭載、【パワーマネジメント 離席判定】:アプリケーションにより対応
上記の内容は本体ハードウェアの仕様であり、オペレーティングシステム、アプリケーションによっては、上記のハードウェアの機能をサポートしていない場合があります。セレクションメニューを選択した構成での型名・型番についてはセレクションメニュー表をご参照ください。
*1:Intel Speed Shift Technologyを搭載しています。
*2:ハイパースレッディング・テクノロジーに対応します。
*3:エネルギー消費効率とは、JIS C62623(2014)に規定する方法により測定した年間消費電力量です。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上110%未満、AAは達成率110%以上140%未満、AAAは達成率140%以上を示します。また達成率が100%未満の場合は、達成率をそのまま%で表示しています。
*4:USB3.2 Gen2は従来のUSB3.1 Gen2およびUSB 3.1と同意です。USB 3.2 Gen1はUSB3.1 Gen1およびUSB 3.0と同意です。
*5:ビデオRAMは、メインメモリを使用します。本機のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、パソコンの動作状況によりビデオRAM容量が変化します。また、搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMは異なります。
*6:ゴム足部などの突起部は除きます。
*10:本機で著作権保護されたコンテンツを再生し、HDMIポートに接続した機器に表示する場合、接続する機器はHDCP規格に対応している必要があります。
*11:ディスプレイの最大解像度より小さい解像度を選択した場合、文字や線などの太さが不均一になることがあります。
*12:本機の持つ解像度および色数の能力であり、接続するディスプレイ対応解像度、リフレッシュレートによっては表示できない場合があります。
*13:1,677万色表示は、ディザリング機能により実現します。
*22:著作権保護機能(CPRM)には対応していません。「マルチメディアカード(MMC)」、「SDIOカード」は使用できません。高速転送規格「UHS-Ⅰ」に対応しています。 実際のデータ転送速度はBus インターフェース速度 及び、使用するSDメモリーカードの性能や使用状態により異なります。
*23:ドット抜け割合の基準値はISO13406-2の基準に従って、副画素(サブピクセル)単位で計算しています。詳細は https://jpn.nec.com/products/bizpc/info/pc/lcddot.html をご参照ください。
*28:ヤマハ製AudioEngine(TM)は本体内蔵スピーカ、内蔵マイクおよびヘッドフォン/ヘッドフォンマイク端子に接続したヘッドフォンで利用できます。
*29:メモリ4GB、128GB SSD、無線LANなし、DVDスーパーマルチドライブありの構成で測定しています。
*33:搭載されるCPUの仕様であり、最大動作周波数は、パソコンの設定や使用環境、動作状況により異なります。
*39:省電力の設定を簡単に切り替えることが出来ます。
*41:質量は最軽量構成時です。暗号化機能付 256GB SSD搭載時は+約5g、暗号化機能付 512GB SSD搭載時は+約5g、500GB HDD搭載時は+約103gとなります。
*47:ヘッドフォンや外付けスピーカ(3極ミニプラグ)、ヘッドフォンマイク(4極ミニプラグ)が使用できます。市販されているマイク(3極ミニプラグ/2極ミニプラグ)は使用できません。
*48:使用出来る量子化ビットやサンプリングレートは、OSや使用するアプリケーションなどのソフトウェアによって異なります。
*49:バッテリパックは消耗品です。公称容量(実使用上でのバッテリパックの容量)を示します。ACアダプタ自体は、入力電圧AC240Vまでの安全規格を取得していますが、添付の電源コードはAC100V用(日本仕様)です。日本以外の国で使用する場合は、別途電源コードが必要です。
*50:パソコン本体のバッテリなど各種電池は消耗品です。
*51:映像、音声信号出力は行えません。
*59:バッテリ駆動時間は、JEITA バッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定しためやすの時間です。詳細は https://jpn.nec.com/bpc/versapro/ →[各モデル選択]→注意事項等の「■バッテリ駆動時間に関するご注意」(ページ中~下部分)をご覧ください。
*62:バッテリ駆動時間や充電時間は、ご利用状況によって記載時間と異なる場合があります。バッテリは消耗品です。
*89:内蔵ディスプレイと本機の搭載するディスプレイインターフェイスにて表示可能な画面数です。全ての外部ディスプレイやテレビでの動作確認はしておりません。そのため、接続した外部ディスプレイやテレビによっては正しく動作しない場合があります。